研究者情報表示   検索トップ

教育・研究業績
山岸 邦彰(ヤマギシ クニアキ/YAMAGISHI KUNIAKI)

業績区分 学術雑誌論文 − 学会誌・専門誌学術論文(フルペーパー)

タイトル 日本語 1層鋼製弾塑性フレームを用いた積載物の滑動による地震応答の低減効果
英語 Fundamental Experiment and Analytical Study of Seismic Response Reduction Effect Using Load Slipping on One-Story Elasto-Plastic Steel Frame
著者 共著

 氏名役割
1日本語山岸 邦彰 
英語YAMAGISHI KUNIAKI 
2日本語佐々木 亮 
英語SASAKI RYO 
3日本語今田 拓実 
英語IMADA TAKUMI 
4日本語野田 佳佑 
英語NODA KEISUKE 

 
誌名 日本語 日本地震工学会論文集
英語 Journal of Jpana Association for Earthquake Engineering
  Vol.18, No.1
出版者 日本語 日本地震工学会
英語 Jpana Association for Earthquake Engineering
出版年月 2018年 02月 28日
研究範囲 応用的研究
査読の有無 厳格な査読
招待の有無 通常論文
記述言語 日本語
掲載区分 国内
掲載種別 研究論文(学術雑誌)
ISSN  
ID:DOI  
ID:NAID(CiNiiのID)  
ID:PMID  
Permalink  
URL  
概要 日本語 1層鋼製弾塑性フレームを用いて様々なパラメータに対する振動実験を行い,フレームが塑性化した場合のSlip効果を定量的に把握した.また,Slip効果を設計に反映させるために,Slip効果を取り入れた解析モデルを構築し,実験と同一のパラメータの地震応答解析を実施した.これらの結果,以下のことが分かった.1.錘の動摩擦係数の減少と入力地震動の最大速度の増加によりSlip効果は大きくなる,2.錘の最大滑動変位および累積滑動変位が大きいほどSlip効果が顕著である.また,3.静的実験から得られた諸元を用いて地震応答解析を行った結果,パラメータに対するフレームおよび錘の各応答の傾向は再現することができた.
英語 In order to obtain the basic characteristics of the slip effect for an elasto-plastic frame, shaking table tests were carried out on a single-story elasto-plastic steel frame while varying the experimental parameters including the yield shear force of the frame. Based on the results of the shaking table tests and seismic response analyses, it was found that the slip effect was increased with decreasing dynamic friction coefficient of the weight and increasing maximum velocity of input seismic motion.
キーワード 日本語 英語
Slip効果
降伏せん断力係数
弾塑性フレーム
振動台実験
地震応答解析 
Load slipping effect
Yield shear force coefficient
Elasto-Plastic frame
Shaking table test
Seismic response analysis