教育・研究業績表示   検索トップ

研究者情報
佐々木 大輔(ササキ ダイスケ/SASAKI DAISUKE)

所属機関情報
  職名
1 金沢工業大学 工学部 機械系 航空システム工学科 准教授

研究分野を表すキーワード
キーワード
設計Design
最適化Optimization
数値流体力学Computational Fluid Dynamics
流体Fluids
データマイニングDatamining
計算音響学Computational Aero Acoustics

現在の専門分野
  専門分野
1 航空宇宙工学
 ・分類: 航空宇宙工学
2 流体工学
 ・分類: 流体工学

研究テーマ
  研究テーマ
1 高揚力装置の設計最適化に向けた信頼性の高い空力性能評価手法の実用化研究
Research on Reliable CFD Analysis for High Lift Devices

 ・キーワード: 高揚力装置(High Lift Device)
 ・分類: 航空宇宙工学、流体工学
 ・研究様態: 個人研究
2 工学問題に対するBuilding-Cube 法の高度化に関する研究
Development of Building-Cube Method for Engineering Flow Problems

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)
 ・分類: 流体工学
 ・研究様態: 国内共同研究
3 次世代ペタスケールCFDのアルゴリズム研究
Next-Generation Peta-Scale CFD Development

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、直交格子法(Cartesian mesh)、航空機(Aircraft)、(AMR)
 ・分類: 流体工学
 ・研究様態: 国内共同研究
4 次世代ペタスケールCFDのアルゴリズム研究
Next-Generation Peta-Scale CFD Development

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、直交格子法(Cartesian mesh)、航空機(Aircraft)、(AMR)
 ・分類: 流体工学、計算機システム・ネットワーク
 ・研究様態: 国内共同研究
5 次世代ペタスケールCFDのアルゴリズム研究
Next-Generation Peta-Scale CFD Development

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、直交格子法(Cartesian mesh)、航空機(Aircraft)、(AMR)
 ・分類: 流体工学、計算機システム・ネットワーク
 ・研究様態: 国内共同研究
6 大規模直交格子による非定常動的流体解析
Unsteady Dynamic Flow Computations using Large-Scale Cartesian Mesh CFD

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、直交格子法(Cartesian mesh)、非定常流体(Unsteady Flow)、動的(Dynamic Analysis)
 ・分類: 流体工学
 ・研究様態: 国内共同研究
7 IT技術の融合による翼竜・鳥類・昆虫の飛翔メカニズムの解明
Study of Flight Mechanism of Pterosaurs, Birds, Insects using IT Technology

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、IT技術(Information Technology)、飛翔メカニズム(Flight Mechanism)
 ・分類: 流体工学
 ・研究様態: 個人研究
8 ペタフロップス級計算機に向けた次世代CFDの研究開発
Development of Next-Generation CFD Toward Peta-Flops Computers

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、直交格子法(Cartesian mesh)
 ・分類: 流体工学、計算機システム・ネットワーク
 ・研究様態: 国内共同研究
9 次世代超並列流体計算のためのメモリボトルネックの無いスケーラブル計算機の研究
Study on Scalable Computer Architecture for Next-Generation Super-Parallelized Flow Computations

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、アーキテクチャ(Architecture)
 ・分類: 流体工学、計算機システム・ネットワーク
 ・研究様態: 国内共同研究
10 流体・固体領域を伝播する空力音の統一的解析技術の確立
Development of Computational Method of Aerodynamic Sound through Fluid and Solid Domain

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)
 ・分類: 流体工学
 ・研究様態: 国内共同研究
11 小型航空機の空力性能向上に関する研究
Aerodynamic Performance lmprovement of Small UAV

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、マイクロエアビークル(Micro Aerial Vehicle)、風洞実験(Wind Tunnel Test)、空気力学(Aerodynamics)
 ・分類: 流体工学
 ・研究様態: 国内共同研究
12 回転翼機周りの後流に関する研究
Study on Wake Flow around Rotary Aircraft

 ・キーワード: 数値流体力学(Computational Fluid Dynamics)、風洞実験(Wind Tunnel Test)、回転翼機(Rotary Aircraft)、後流(Wake Flow)
 ・分類: 流体工学
 ・研究様態: 国内共同研究

研究経歴
  研究経歴
1 2012/04 -   Building-Cube法による空力解析及び空力騒音解析手法の研究並びに航空機やジェットエンジンを対象とした空力設計最適化システムの研究
Study of Computational Fluid Dynamics using Building-Cube Method and also the design optimization methodology for aircraft and jet engine design.
2 2008/03 - 2012/03  次世代CFD として直交格子法に基づく流体解析手法の構築を行い,航空機降着装置から生じる空力騒音推算技術の研究や,線形オイラー方程式に基づく音響解析手法の研究を行った.加えて,革新的な環境適合型航空機の設計最適化手法,タービンの熱伝導・流体連性解析手法等に携わった.
Development of Cartesian-based CFD and CAA solvers for the flow analysis of aircraft landing gear and also the aerodynamic noise propagation. In addition, the design optimization of new environmentally-friendly aircraft (over-the wing nacelle configuration) and conjugate heat transfer analysis of turbine blade.
3 2006/03 - 2008/03  英国産業省とロールスロイス社によって出資された半官半民のMCDO(多目的設計最適化)プロジェクトに携わり,ケンブリッジ大の分担である非構造格子手法の開発および解適合格子法の開発に従事し,格子生成・細分化ツールを作成した.
Development of unstructured mesh generation tool and also mesh adaptation technique for Multi-Criteria Design Optimization project funded by Rolls-Royce plc and Department of Technology and Industry (UK).
4 2004/06 - 2006/02  複数の計算機によるグリッド計算に基づく設計最適化システムの構築及びジェットエンジン用 4 段圧縮機の設計問題への適用
Development of design optimization using Grid-enabled environment to apply for four-stage compressor design.
5 2004/04 - 2004/06  進化的手法による超音速旅客機の自動空力最適化システムの構築
Development of automatic evolutionary design optimization system for civil supersonic aircraft.
6 1998/04 - 2004/03  進化的アルゴリズムに基づく設計最適化手法を開発し,航空機主翼の空力設計等に応用した.
Design optimization method was developed based on Evolutionary Algorithms. The method was then applied to the aerodynamic design of aircraft wings.

研究職歴
  研究職歴
所属 部署 職位・身分
1 2015/04 -   金沢工業大学
Kanazawa Institute of Technology
工学部 航空システム工学科
Department of Aeronautics, Faculty of Engineering
准教授
Associate Professor
2 2013/04 - 2015/03  金沢工業大学 工学部 航空システム工学科
Department of Aeronautics, Faculty of Engineering, Kanazawa Institute of Technology
  講師
Assistant Professor
3 2012/04 - 2013/03  金沢工業大学 基礎教育部 基礎実技教育課程 講師
Practical Engineering Education Program, Academic Foundations Programs, Kanazawa Institute of Technology, Assistant Professor
   
4 2008/03 - 2012/03  東北大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 シミュレーション科学講座 空力設計学分野 助教
Aerodynamic Design, Simulation Sciences, Department of Aerospace Engineering, Graduate School of Engineering, Tohoku University, Assistant Professor
   
5 2006 - 2008  ケンブリッジ大学工学部 研究員
Department of Engineering, University of Cambridge Research Associate
   
6 2004 - 2006  サウサンプトン大学理工学部 研究員
School of Engineering Sciences, University of Southampton Research Fellow
   
7 2004 - 2004  東北大学流体科学研究所 研究支援者
Institute of Fluid Science, Tohoku University Research Associate
   

委員歴・役員歴
  委員歴・役員歴
1 2014/04 - 2016/03  東北大学サイバーサイエンスセンター大規模科学計算システム全国利用連絡会議委員
2 2013/06 - 2014/03  CDIOアジア2014プログラム運用委員,運営委員会
CDIO Asian 2014 Committee Member
3 2013/07 -   文部科学省 科学技術・学術政策研究所科学技術動向センター 専門調査員
4 2012/04 - 2013/03  日本航空宇宙学会 第44期 代議員
5 2012/04 - 2013/03  日本機械学会流体工学部門第90期広報委員会 広報委員(ニューズレター担当)
6 2011/04 - 2012/03  日本機械学会流体工学部門第89期広報委員会 広報委員(ニューズレター担当)
7 2010/10 - 2015/03 
2015 IEEE Congress on Evolutionary Computation (Committee Member)
8 2009 -   全日本学生室内飛行ロボットコンテスト 実行委員(庶務委員)
Indoor Flight Robot Contest member

出身大学院
  大学院等
1 東北大学
Tohoku University
 ・ 課程:博士、 研究科:情報科学研究科、 専攻:システム情報科学、 修了区分:2004 修了
2 東北大学
Tohoku University
 ・ 課程:修士、 研究科:工学研究科、 専攻:航空宇宙工学専攻、 修了区分:2001 修了

所属学会
  学会
1 日本工学教育協会
Japan Society for Engineering Education( 国内)
2 進化計算学会
The Japanese Society for Evolutionary Computation( 国内)
ページの先頭へ