教育・研究業績表示   検索トップ

研究者情報
赤坂 剛史(アカサカ タケシ/AKASAKA TAKESHI)

所属機関情報
  職名
1 金沢工業大学 工学部 機械系 航空システム工学科 講師

研究分野を表すキーワード
キーワード
飛行力学Flight Dynamics
流体力学Fluid Dynamics
飛行制御Flight Control
無人航空機Unmanned Aerial Vehicle System
回転翼航空機Helicopter
風洞試験Wind Tunnel Test
コンパウンドヘリコプタCompound Helicopter
パラシュートParachute

現在の専門分野
  専門分野
1 小型無人飛行機の自律飛行制御システム
 ・分類: 航空宇宙工学
2 小型無人回転翼機の自律飛行制御システム
 ・分類: 航空宇宙工学
3 回転翼機周りの後流に関する実験的研究
 ・分類: 航空宇宙工学
4 低レイノルズ数域における翼の空力特性を用いた飛行性に関する研究
 ・分類: 航空宇宙工学
5 パラグライダの飛行性に関する研究
 ・分類: 航空宇宙工学
6 コンパウンドヘリコプタのロータと主翼の空力干渉に関する研究
A Study of the Rotor-Wing Aerodynamic Interaction on a Compound Helicopter in Hover

 ・分類: 航空宇宙工学
7 ドローン用パラシュートに関する研究
A Study on the shape of the Parachute for Drone

 ・分類: 航空宇宙工学
8 ティルトウィング機の自律飛行制御システム
 ・分類: 航空宇宙工学

研究テーマ
  研究テーマ
1 小型マルチコプタ機の自律飛行制御に関する研究
A Study on Autonomous Flight Control for Multicopter

 ・キーワード: マルチコプタ(Multicopter)、飛行制御(Flight Control)、UAS(UAS)、流体力学(Fluid Dynamics)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 個人研究
2 回転翼機周りの後流に関する研究
A Study on Wake for Rotorcraft

 ・キーワード: ヘリコプタ(Helicopter)、回転翼(Rotorcrft)、後渦(Wake)、風洞試験(Wind Tunnel)、CFD(CFD)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 国内共同研究
3 構造物に近接したヘリコプタのホバリング性能に関する研究
A Study on Flight Performance of Hovering Rotor at Close to Building

 ・キーワード: ヘリコプタ(Helicopter)、回転翼(Rotorcraf)、ホバリング(Hovering)、飛行制御(Flight Cotrol)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 選択しない
4 低レイノルズ数域における翼の空力特性を用いた飛行性に関する研究
A Study on Flight Dynamics using Wing Performance for Low Reynolds Number

 ・キーワード: 飛行力学(Flight Dynamics)、流体力学(Fluid Dynamics)、低レイノルズ数(Low Reynolds Number)、無人飛行体(Unmanned Aerial Vehicle)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 選択しない
5 ブレード形状の違いによるプロペラ後流に関する実験的研究
An Experimental Study on Propeller Wake for Blade Planform

 ・キーワード: プロペラ(Propeller)、後流(Wake)、ブレード形状(Blade Planform)、風洞実験(Wind Tunnel)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 選択しない
6 球形飛行体の高度制御に関する研究
A Study on Altitude Control for Flying Sphere

 ・キーワード: 飛行制御(Flight Control)、飛行力学(Flight Dynamics)、球形飛行体(Flying Sphere)、UAS(UAS)、自律飛行(Autonomous Flight)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 選択しない
7 小型無人回転機の自律飛行制御に関する研究
A Study on Autonomous Flight for Mini Unmanned Aerial Vehicle of Rotorcraft

 ・キーワード: 回転翼機(Rotorcraft)、ヘリコプタ(Helicopter)、UAS(UAS)、飛行制御(Flight Control)、自律飛行(Autonomous Flight)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 選択しない
8 ドローン用パラシュートに関する研究
A Study on the shape of the Parachute for Drone

 ・キーワード: パラシュート(Parashute)、ドローン(Drone)、小型無人飛行機(UAS)、風洞試験(Wind Tunnel)、落下試験(Drop test)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 国内共同研究
9 コンパウンドヘリコプタのロータと主翼の空力干渉に関する研究
A Study of the Rotor-Wing Aerodynamic Interaction on a Compound Helicopter in Hover

 ・キーワード: コンパウンドヘリコプタ(Compound Helicopter)、ヘリコプタ(Helicopter)、空力干渉(Aerodynamic Interference)、風洞試験(Wind Tunnel)、ホバリング(Hover)
 ・分類: 航空宇宙工学、流体工学、制御・システム工学
 ・研究様態: 選択しない
10 ドローン捕獲システムに関する研究
A Study of Drone Capture System

 ・キーワード: ドローン(Drone)、小型無人飛行機(UAS)、飛行試験(Flight test)
 ・分類: 航空宇宙工学、制御・システム工学、流体工学
 ・研究様態: 選択しない

研究経歴
  研究経歴
1 1993/04 - 1994/03  東海大学工学部航空宇宙学科にて卒業論文「パラグライダの風洞実験」に関する研究を同大学別府護郎教授のもとで従事した。また東京大学名誉教授の東昭氏にご指導頂いた。パラグライダがレジャで盛んになり事故が急増したため、調査委員会の一員として翼幅1mのパラグライダ模型を用いた風洞実験を川田工業(株)の風洞施設で行い、様々な吊り索操作など翼形状を変形させると揚力が直接制御できることを明らかにした。
2 1994/04 - 1996/03  東海大学大学院工学研究科航空宇宙学専攻博士前期課程にて修士論文「パラグライダの運動解析」に関する研究を同大学別府護郎教授のもとで従事した。また東京大学名誉教授の東昭氏にご指導頂いた。前述の調査委員会の活動で川田工業(株)及びジオスポーツ(株)と協力し、日本初となる計測機器を搭載した有人パラグライダの飛行実験を行って飛行データを取得し、飛行性能や操舵応答を定量的に解析した。また飛行実験と風洞実験を基に空力微係数を推定し、パラグライダの数値モデルを同定した。
3 1996/03 - 1999/03  東海大学大学院工学研究科航空宇宙学専攻博士後期課にて博士論文「パラグライダの飛行性に関する研究」に関して同大学別府護郎教授及び遠山文雄教授のもとで従事した。また東京大学名誉教授の東昭氏にご指導頂いた。数値モデルを用いて旋回には付加質量が影響していることを明らかにした。また前後に大きな振り子運動をするパラグライダの制御手法を提案し、さらに安全に着陸するためのフレア操作方法について前述の飛行試験データ及び数値モデルを用いて明らかにした。またパラグライダ模型を用いた風洞実験及び翼部の有限要素解析により、低迎角時に翼部が潰れるメカニズムを明らかにした。
4 1999/04 - 2002/03  川田工業(株)航空事業部にて、前航空宇宙技術研究所(現宇宙航空研究開発機構)と共同で行った「アクティブ・スポイラ」を用いたヘリコプタの低騒音化に関する研究に従事した。また同社顧問である東京大学名誉教授の東昭氏にご指導頂いた。ヘリコプタが着陸アプローチ時に発するBVI騒音(Blade Vortex Interaction 騒音)を能動的に軽減するため、ブレード上面に取り付けたスポイラを垂直に出入させる機構の翼模型を用いて静的及び動的風洞実験と装置開発を行い、回転翼に適用するための基礎的な空力データを取得した。
5 2002/04 - 2005/03  川田工業(株)航空事業部にて、前航空宇宙技術研究所(現宇宙航空研究開発機構)と共同で行った「アクティブ・タブ」を用いたヘリコプタの低騒音化に関する研究に従事した。また同社顧問である東京大学名誉教授の東昭氏にご指導頂いた。ヘリコプタが着陸アプローチ時に発するBVI騒音を能動的に軽減するため、ブレード後縁に取り付けたタブを水平に進退させる機構の翼模型を用いて静的風洞実験と装置開発を行い、回転翼に適用するための基礎的な空力データを取得し、ロータ半径1mの回転翼模型を用いた風洞実験を行い、高調波制御されたアクティブ・デバイスがBVI騒音軽減に有効であることを実証した。
6 2000/04 - 2002/03  川田工業(株)航空事業部にて、高迎角の流れ場計測が可能な校正装置付7孔管の開発に従事した。計測精度が向上するアルゴリズムを開発した。
7 2002/04 - 2003/03  川田工業(株)航空事業部にて、一部宇都宮大学と共同で行った有人ヘリコプタを改良した無人ヘリコプタである「ロボコプタ」の自律飛行に関する研究に従事した。GPSセンサと慣性センサを基にカルマンフィルタを用いた複合航法について研究し、同機に実装して妥当性の検証し、自律飛行の位置・速度及び安定制御に対して有効であることを実証した。
8 2003/04 - 2005/03  川田工業(株)航空機械事業部にて、(株)日立製作所と協業で行った翼幅0.6mと1.5mの小型無人飛行体の研究開発に従事した。機体及びシステム設計・制御設計・風洞試験・飛行試験を担当し、性能計算や搭載センサの選定、飛行制御ソフトウェアの開発、空力特性の解明、飛行実証試験を行った。また顧客の性能検証試験に参加し、次期開発における改善要望について調査した。
9 2004/04 - 2005/03  川田工業(株)航空機械事業部にて、田屋エンジニアリング(株)と共同で行った小型無人ヘリコプタの自律飛行に関する研究開発に従事した。飛行制御ソフトウェアの開発を行った。
10 2005/04 - 2011/03  川田工業(株)航空機械事業部にて、(株)日立製作所と協業で小型無人飛行体の量産機開発に従事した。機体性能計算や搭載センサのシステム設計、実機風洞試験による空力性能の取得、飛行制御ソフトウェアの開発、着陸精度向上のための誘導手法の開発、飛行実証試験を行った。またに顧客の改善要望を調査し、機体及び飛行制御ソフトウェアを改修し、風洞試験や飛行実証試験を行った。

委員歴・役員歴
  委員歴・役員歴
1 2002/04 - 2005/03  (社)日本航空宇宙学会 回転翼航空機部門委員
2 2003/04 - 2005/03  (社)日本航空宇宙学会 会誌編集委員
3 2007/04 - 2008/03  (社)日本航空宇宙学会 特殊航空機部門委員
4 2014/04 - 2015/03  (社)日本航空宇宙学会 第10回全日本学生室内ロボットコンテスト実行委員

出身大学院
  大学院等
1 東海大学
TOKAI UNIVERSITY
 ・ 課程:博士、 研究科:工学研究科、 専攻:航空宇宙学専攻、 修了区分:1999 修了

出身学校
  学校
1 東海大学
TOKAI UNIVERSITY
 ・ 学部(学系): 工学部、 学科・専攻:航空宇宙学科、 修了区分:1994 卒業

取得学位
  学位
1 博士(工学)
 ・取得方法:課程、 取得大学: 東海大学、 分野:電力工学・電力変換・電気機器

所属学会
  学会
1 社団法人日本航空宇宙学会( 国内)
2 公益社団法人日本工学教育協会
Japanese Society for Engineering Education( 国内)
ページの先頭へ